開館時間・休館日・観覧料
アクセス
2014年間カレンダー

富山県立山カルデラ砂防博物館
富山県立山カルデラ砂防博物館

〒930-1405 富山県中新川郡立山町
芦峅寺字ブナ坂68
TEL 076-481-1160
FAX 076-482-9100

1F受付に設置

お知らせ

※先生方へ
学校・社会教育で利用する児童・生徒の引率者の観覧料は申請により免除されます。
観覧料免除申請書こちら。 先生用の館内見学案内はこちら
※富山市、立山町、舟橋村の小中学校は、博物館見学に際し、全国治水砂防協会立山支部へ助成金申請が可能です。申請様式を希望される学校は予約時にお問い合わせください。
補助金交付要綱はこちら
2018.08.06
平成30年度立山カルデラ砂防体験学習会情報。
トロッコ団体コースとバスコースは申込受付終了詳細はこちら。応募状況はこちら
2018.01.18
富山県内で新たに二つの「氷河」の存在が認められました。
日本地理学会誌「地理学評論」に掲載された原著論文の要旨はこちらから
2017.11.28
「常願寺川砂防施設」が国の重要文化財に指定されました。
本宮堰堤と泥谷堰堤が、すでに指定されている白岩堰堤と合わせ「常願寺川砂防施設」として国の重要文化財に指定されました。
2017.01.11
入館者数90万人を達成しました。
2014.11.14
室堂平(2450m)の気象と雪情報のページがオープンしました。
こちらをご覧ください。
2014.08.28
「立山黒部ジオパーク」日本ジオパークに認定されました。
2012.04.01
立山・剱岳の3つの万年雪が国内初の現存「氷河」と学術的に認められました。
日本雪氷学会誌「雪氷」に掲載された原著論文はこちらから

イベント情報

イベントカレンダー
過去のイベント
2018/10/6(土)〜12/23(日)
特別展「世界の岩なだれ」
全国火山系博物館ネットワークの巡回展.山体崩壊にともなう大規模な岩なだれについて国内外の事例から紹介します.
2018/9/29(土)
フィールドウォッチング「秋の弥陀ヶ原とカルデラ展望」
申込開始:8/29.定員40名(先着順).弥陀ヶ原を散策しながら,地形地質や動植物,立山カルデラを観察します.
2018/9/2(日)
フィールドウォッチング「室堂山とカルデラ展望」
申込開始:8/2.定員20名(先着順).室堂山への登山道をたどりながら,立山の生い立ちや大地の変遷について観察します.立山黒部ジオパーク協会共催.
2018/8/31(金)
開館20周年記念特別講演会「黎明期の常願寺川 治水と砂防」
場所:当館大型映像ホール.時間:13:00(入場は12:30)〜15:00.入場無料・受付不要.開館20周年を記念して,常願寺川の治水史と世界遺産を目指す立山砂防についての講演会を実施します.
2018/8/26(日)
フィールドウォッチング「立山の氷河眺望」
※定員に達したため受付終了.雄山への登山道をたどりながら,氷河遺跡を巡り日本で初めて発見された氷河を眺望します.立山黒部ジオパーク協会共催.
2018/7/6(金)〜10/4(木)
企画展「黎明期の常願寺川−治水と砂防−」
常願寺川の水害と治水,そして砂防の歴史を追い,たび重なる水害に先人達がどのように対峙し,乗り越えてきたのか紹介します.
Page Top