博物館のご紹介

      
  ご挨拶
 
 富山県立山カルデラ砂防博物館は、常願寺川の源流部にある侵食作用によって形成された立山カルデラの峻厳な自然と、県土の保全のため行われてきた砂防事業を紹介し、これを「知られざるもう一つの立山」と位置づけて平成10年6月に開館しました。
 立山カルデラの砂防事業のきっかけは、安政5年(1858)の飛越地震で鳶山が大崩壊し、崩れた土砂が天然ダムを作り、それが決壊して土石流となり下流の富山平野へ流れ出て大きな被害を与えた「安政の大災害」です。この安政の大災害以降、常願寺川は氾濫を繰り返すあばれ川となりました。
 富山県は、明治39年(1906)から立山カルデラの砂防工事に着手しましたが、大正11年7月の豪雨で壊滅的な被害に遭って事業継続を断念しました。大正15年(1926)からは、国の直轄事業に移管されて以来、営々として今日まで工事が行われております。
 当博物館では、立山および立山カルデラの自然と歴史、砂防事業の理解を深めるために、学芸員が調査研究を行うほか、県内の学校や地域の研修会などに出向き、教育普及活動に務めております。また、立山カルデラを含む常願寺川流域を「野外ゾーン」と位置づけして、「立山カルデラ砂防体験学習会」や「フィールドウォッチング」を実施しています。
 また、富山県が世界文化遺産へ提案している「立山・黒部〜防災大国日本のモデル−信仰・砂防・発電−〜」の内容をエントランスホールで映像により常時紹介するとともに、「立山・黒部を誇りとし世界に発信する県民の会」と連携して、展示事業、カルデラ見学会、講演会等を開催しています。
 職員一同は、力を合わせ活動内容の充実に努めて参る所存です。皆様の温かいご指導とご鞭撻を心からお願い申し上げます。

平成26年4月
富山県 立山カルデラ砂防博物館長
 本 田 孝 夫

 
Page Top